fc2ブログ

スポンサーリンク

那須岳の恩恵

8月31日④


甲子道路から県道290号線へ入り





那須岳を目指します。



県道290号線と東北道へ接続する、



県道17号線はかつては有料道路



だった。温泉行ったりスキーに



行ったりするときに有料だった



記憶がある。



福島県の甲子道路開通の前に



無料解放されたとか。



2年前通ったときには既に無料解放



されていた。



2年前の紅葉の季節。








この時は天気良かったなぁ。



今回はずーっと雨。



ここも雨。



鹿の湯です。








この鹿の湯、開湯1300年という



歴史があります。



建物は明治、大正のものだとか。






川の上の廊下からお湯へ行きます。



お湯はというと、浴槽が6箇所あり



41℃・42℃・43℃・44℃・46℃・48℃



それぞれ温度管理されています。



先ずはかけ湯。洗い場は入口近くに



ありますが、ここで温度管理と



手入れをしているオヤジさんが



しっかりと洗うように指導します。



外国の方も多いけど堂々と日本語で



指導しています。



では入湯ですが、好きな温度を



選んで、腰まで、胸まで、首までを



繰り返し浸かります。



いいお湯です。



けどね、



6箇所ある浴槽の46℃と48℃の



浴槽は地元のオジさんらしき人が



周りを占領していて近寄れない。



しかも、勝手に湯温を上げて



いるらしく、前述のオヤジさんが



何だこの温度は!

勝手に上げやがって!

こんなの誰も入れないだろが!

あんたら出入り禁止だ!



と怒っていた。



源泉を入れる栓(?)みたいなものが



あるらしく閉めていた。



でも、オヤジさんが後ろを向いたら



また開けて(?)いた。



占領されていても突撃する私も、



おそらく50℃超の湯に入ろうとは



思わないな。



地元民らしかったから、年中あんな



やり取りがされているのかも



しれない。



それにしてもあのオヤジさん、



まさに湯守り




こういう温浴場は大概は



シャンプーや石鹸は使用禁止なので



注意が必要です。





本当にいいお湯でした。






つづく












スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する