fc2ブログ

スポンサーリンク

今年もあの場所へ。




GW前半戦。


といっても土日しか休みではないのですが、毎年行っているイベントへ行きました。

毎年4月29日~5月5日まで開催されていて、今年は30日に行く予定をたてて、早朝自宅を出発。
















まだ夜が明けない時間にいつもの厚木市内を通過し
















目的地が見えてきました。















橋を渡り














スロープを下れば到着です。















少し明るくなってきました。



ここは…













相模川の高田橋河川敷。



この時期この場所で行なわれているイベントは



泳げ鯉のぼり相模川




相模原市のイベントですが、愛川町と相模原市をまたぐようにワイヤーをかけて鯉のぼりを泳がせています。





さて、夜も明けたので鯉のぼりを見に行きます。


















鯉のぼりをも平助もヤル気がないなぁ

ε-(•́ω•̀๑)





5本のワイヤーに1200匹の鯉のぼりがかけられているのですが、地元ボランティアの方たちで上げ下げはもちろん、鯉のぼりのメンテナンスも地元の方たちがやっています。















鯉のぼりイベントでは有名で人気も高いので、来客人数は相当な数でしょう。


そうなると







拡大します






渋滞


河川敷に降りる場所は1カ所しかないので各方向からの車が高田橋へ向けてなだれこみます。
地図の青線が鯉のぼりがかかっている場所。この511号線北側から高田橋へ流入するのが比較的空いていると思います。



それでも全方向、かなりハマります。ノロノロではなくジリジリと言ったほうが良いでしょう。


(ll゚д゚ll)




これだけ渋滞していても広大な河川敷なので、車が停められないことは無いでしょう。







拡大します






高田橋より下流側が駐車場で川沿いではバーベキューをする方も沢山います。
地面は石が大きく車で走りにくいですが、乗用車でも大丈夫です。


地図上の水色の線が帰りのルートになります。出口も1箇所だけなので混雑は必至。
場内に警備員はいますが駐車区分等の線引きはされていないので、どこが通路なのか分からない状態。


空きスペースに車を入れて、あとでみたら囲まれて出れない…なんて事は無いでしょう。きっと。
去年は私の車の前でバーベキューしている人もいました。


この状態の中をこれから停める車と出る車が混ざり合い、混沌としてきます。
列に並んだら出口待ちだったなんてことは当たり前です。


なので、混雑時には下流側の道路に近い場所に停めるほうが良いかもしれません。
鯉のぼりから遠くなりますが駐車場から出やすいというのと、土手は歩きやすいので小さい子供やワンを連れて歩くにはこちらが良いです。













屋台も駐車場から鯉のぼり会場までの間にあります。





これだけの広大な河川敷で行なわれるイベント。毎年の混雑から、今年は早朝着で渋滞回避しようと考えたワケです。会場も空いていて平助の写真も撮りやすいだろうと。




そんな泳げ鯉のぼり相模川2016ですが




今年はというと………










続きます。





記事はまだ続きますが、泳げ鯉のぼり相模川は5月5日まで開催されていています。GWにお出かけ予定の無い方、どうですか~?

あ!トイレは相模原市が管理するキレイなトイレがありますよ。
(*˙︶˘*)b




平助クンにポチリとしていただけたらうれしいです。



にほんブログ村







20160222095955235.jpg





スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する