fc2ブログ

スポンサーリンク

薪ストーブ本格運用の前に。






2人と2匹でチェックインした奥道志オートキャンプ場。この日は雨を予感させる天気でしたが、まだ雨が降ることはなく、薪ストーブの本格運用前の火入れを幕外で実施出来そうです。







薪を割ってる間に









嫁がトルティーヤを作ってくれました。









そしていよいよ、火入れです。着火剤と細い薪を入れるとすぐに火が着き、炎が出ます。









すぐにガラスは煤だらけになり、炎を見ることは出来なくなりました。これは熱の問題で、火が落ち着き高温になれば煤は無くなります。







煙突に巻いたバンテージからは煙が出始め、独特の臭いも発生しています。コレは薪を燃やし続けて熱を絶やさずにいると、煙と臭いは出なくなります。







煙突からの煙は調子良く出てますが、バンテージからの煙と臭いは無くなってきました。
空気取り入れ口と煙突ダンパーの調整も試し、燃焼状態を確認しました。







温度計は400℃を指していますが







プロテクターは手で触れる程度の温度でした。









せっかくなので芋を焼いてみることに。炎が出ているときはストーブの上で焼き、薪が熾になったところで中に入れて焼きます。







いい具合に焼けました。ちょうど熾が燃え尽きるタイミングでした。




燃え尽きて、温度が下がったなら…



(°∀°)✧




ツインピルツにインストールしよう。

と、なりました。










つづきます。




平助クンにポチリとしていただけたらうれしいです。

↓↓↓

にほんブログ村

















20160222095955235.jpg

 

 

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する