fc2ブログ

スポンサーリンク

今更言うのも何だけど





世界中で「STAY HOME」と言われており、国によっては強制力のあるものもありますが、日本はそうではない。それどころか、中々まとまった方策が出ない。
人の集まる業種への営業自粛要請もはっきりしないし、休業したとしてもその補償が無い業種も多い。飲食店等は閉業せざるを得ない店もあります。

一方でドイツ政府は飲食店にだけでなく、個人事業主等に対し、最大106万円程度を緊急で援助している。しかも対応が早い。
更に、新型コロナウイルスで活動できないアーティストや映画館、出版社、新聞社など、文化を対象に500億ユーロ(約6兆円)という大規模な支援が行われています。

なのに日本政府ときたら…と思うのはワタシだけではないはず。
武漢からの帰国チャーター機の費用8万円が個人負担とされたとき「は?」「え?」と思いました。その後、一転、国費負担になりましたが、それでも「は?」という気持ちは変わらずでした。
国会議員の誰か一人でも、「議員1人がチャーター機1人分の費用を議員報酬から負担する」と言った人がいただろうか。文書通信交通滞在費からだっていい。年末の餅代からだっていい。その額したら、8万円なんて安いもんだ。
誰も言わないのは自分達の利益は崩したくないのだろう。言っている人もいるのかもしれない。でもそれはマイノリティーとして埋もれてしまうのだろう。
今回の休業要請や補償も同じだ。自分たちの腹は痛まず、国民に負担を強いるばかり。

ワーワー、ギャーギャー言う野党もこればっかりは言い出さない。日本の政治の核はココにあるんじゃないかと思う。兎にも角にも自分達の給料・利権確保が大前提。コレを中心に、後は言った・言わない、やった・やってないを繰り返す、不毛な議論で時が過ぎゆくのみ。





こんな事じゃ何も







だなす。








平助クンにポチリとしていただけたらうれしいです。

↓↓↓

にほんブログ村

















20160222095955235.jpg

 

 
 

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する