fc2ブログ

スポンサーリンク

ツインピルツフォークT/C、設営用ガイドの作製。

ワタシの新しいソロ幕、ogawaツインピルツフォークT/C。



設営はスタンディングテープを使い、長方形を出す方法ですが、スタンディングテープを使用せずに設営する方法を先人達が考え、確立させていました。



八角形の各角に先にペグを打って位置を決めてしまう方法です。八角形といっても、2本のポールを中心に、それぞれが正六角形の半分になっているので、ポールの位置から60度ずつの放射線上にペグを打っていくのです。
今回はそのペグ打ちのためのガイドを製作します。
まず、60度を出すための分度器ですが



先人達はケーキ等のカッティングボードを使用していましたが



ワタシは余り物のPP板を使いました。





デバイダーで任意の円を描き、その半径のまま







円周上に印を付ければ6等分されます。







中心から付けた印に放射線を4本引き、反対側には二等分線(90度)を引きます。このときは1枚だけ作るつもりだったので、適当な位置で6等分しています。
この放射線の延長上にペグを打つのです。そのためにもう1つ必要なのが紐やロープですが




ワタシは水糸を使用しました。伸びにくい素材の物が良いようです。この水糸にリングを取り付けて、長さが330cmになるように反対側にもリングを取り付けます。







この330cmは2本のポールの間隔です。330cmの水糸の両端にペグを打ち、おおよその位置が決められます。更にこのリングに200cmの水糸を取り付け






175cm・180cm・185cmの位置でマーキングしておきました。このマーキングした位置に放射状にペグ打ちするのです。







PP板を切り抜いて穴を開ければ完成です。こうして作製したガイドを使って設営…するのはもう少し先です。










(*ˊ艸ˋ)





平助クンにポチリとしていただけたらうれしいです。

↓↓↓

にほんブログ村

















20160222095955235.jpg

 

 
  

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する