fc2ブログ

スポンサーリンク

スキー場ノスタルジーと初体験のアクティビティへ。


長野県の白馬村にて朝を迎えた2人と2匹。前日、グリーンバレー白馬のレンタルコテージにチェックインした時や、深夜にはしっかりと雨が降っていましたが、朝には止んだ模様。これなら今日のアクティビティも安心して参加出来ます。と、その前に散歩へ出ます。







コテージの直ぐ裏手には田んぼが広がり、農道を散歩することが出来ました。







普段なら、まだ寝ている時間の平助クン。少し寝ぼけてます。







濃い霧がかかる後方は五竜スキー場のいいもりゲレンデです。早朝からゴンドラが稼働しており高山植物園へ行かれるようです。







五竜スキー場の車両なのか、時折車が走ってきます。そういえば、いつの間にか白馬五竜スキー場の頭にエイブルの冠名が付いていました。正式にはエイブル白馬五竜スキー場という名前のようです。
若い頃にはよく来た白馬のスキー場は閉鎖だったり、経営者が変わったりで、時代を感じるなぁ。五竜、八方、岩岳、栂池、白馬乗鞍やコルチナまで足を伸ばしたっけな。
青木湖スキー場も閉鎖されて久しいようだ。鹿島槍とさのさかの真ん中の青木湖が閉鎖されたからサンアルピナとして機能しなくなってしまった。青木湖を臨む、良いスキー場だったんだけどな。

青木湖の対岸、ヤナバスキー場も閉鎖されており、再開が望まれるスキー場です。大手運営会社により運営されていましたが、再開ならずに2シーズンほど経過しています。

鹿島槍とさのさかは現在も営業していて、さのさかは犬と滑るゲレンデもあるようです。


白馬さのさか snow dog

さのさかはヤナバスキー場と同じ大手の運営でしたが、現在は再生可能エネルギー事業を主とした会社にヤナバスキー場等と共に移譲され、クリーンエネルギーを利用したスキー場を目指しているそうです。
スキー場の名前は、社名にブルーというワードが入っているため、Blue Resort 白馬さのさかと変わったそうです。
八方、岩岳、栂池も親会社は変わっているし、五竜はエイブルだし、時代と共に変化はしているようです。
ブームが去ったのもありますが、暖冬による雪不足もスキー場運営を圧迫してるのかもしれません。

あの頃は雪は豊富で、白馬へ向かう国道147号は渋滞もしていた。スキーブームに乗っかって週末になると車にスキー板を載せて、何処かしらのスキー場へと向っていたなぁ。日帰りスキーなんて当たり前のようにしていたね…







って、聞いてねェな。



( ˘・A・)


コテージへ戻り







往路で買っておいたパンと、コーヒーで朝食を済ませ









いよいよ、予約していたアクティビティに挑戦です。











平助クンにポチリとしていただけたらうれしいです。

↓↓↓

にほんブログ村

















20160222095955235.jpg

 

 
  

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する